朝の珈琲

私は以前「退職祝いに…」と、職場の方から「電動式コーヒーミル」を頂きました。

それまでも時々、気分転換に…とか、ちょっと時間に余裕があるから…とか、そういったタイミングで手動ミルでカリカリ豆を挽いてはコーヒーをドリップして飲んではいましたが、あくまで自分用として、ちょっとした「贅沢のひととき」を味わう程度の楽しみでした。

ですが電動ミルを手に入れてから、毎朝、両親も含めた家族で、食後の珈琲を楽しむようになりました。

私はどちらかと言えば中深煎〜深煎の珈琲豆を好むのですが、両親には苦い…と言われます。
※因みに、母はミルク入り、父はミルクと砂糖入りしか飲まない状態にも関わらず「苦い」んだそうです。

なので、最近はKALDIの「マイルドカルディ」を超々々(←ココが重要ポイントです!)アメリカンにして淹れるのが、我が家の朝の珈琲タイムです。
でも本当に薄いので、私は朝以外にも後1〜2回は自分用に好みのコーヒーを淹れて飲むようになりました。

夏でも私はホットコーヒーを好んで飲みますが、両親は夏はアイスコーヒー派、氷の上にドリップするので、一段と薄く感じるんですよね…(豆の量を増やしてみたら、両親から「今日のはちょっと苦いね…」と言われて、それ以降いつもの豆量で淹れています)

ただここ数日、大雨が続いている所為か、気温も高くなく過ごしやすいので、ホットコーヒーを淹れられるので、とても嬉しいです。

巷では、この大雨の被害でご苦労をなされている方々が多い中、大変恐縮ではありますが、ホットコーヒーを家族で飲めるこのひとときに感謝をこめて、今日のつぶやきとさせて頂きます。